京都に日本初の国際調停専門センターが設立されました!

京都国際調停センターは、日本初の国際調停専門機関として、2018年11月20日に設立されました。京都国際調停センターでは、現在国際的に活用されている調停手法を用いた調停を実施します。当事者には、世界的に著名な調停人を集めた調停人パネルの中から、最適な調停人を自身で選任していただきます。また、1~2ヶ月程度の事前準備期間は必要ですが、当事者が一堂に集まる調停期日は通常わずか1日~2日で終了し、多くの場合に和解に至ります。
京都国際調停センターは、国際調停専門機関として、アジアにおいて確固たる地位を築き、司法の分野で世界貢献していくことを目指しております。

京都国際調停センターのオープニングセレモニーが開催されました

2018年11月20日、同志社大学寒梅館ハーディーホールで開催されました。

イベント情報

山下貴司法務大臣からのメッセージ

世界法曹協会(IBA)会長Martin Solc氏からのメッセージ

世界弁護士連合会(UIA)前会長Pedro PAIS DE ALMEIDA氏からのメッセージ
当センターについて
調停人パネル
よくある質問
調停人パネル